働く女性の奉仕団体、その実態は社会人サークル

私は奉仕団体に13年間所属しています。その団体のおおまかな精神は、仕事を持つ女性が、地域社会のために奉仕の精神を持って活動しながら、お互いの友情をはぐくんでいこう、というものです。当初は世界的な組織規模の団体なので、ルールやそのしがらみの中で活動していましたが、3年ほど前にスポンサーである親クラブの減少や子クラブの会員数減少の為、大きな組織は解体され各クラブごとの個々の活動のみになりました。そこで、私たちのクラブも解散か、継続かの選択を迫られたのですが、中四国の中でも解散クラブが相次ぐ中、社会人サークル的にでもいいじゃないか、と考えを改めて、10人のメンバーによって継続することになりました。そこからは、スポンサーである親クラブとも少しずつ疎遠になりはしましたが、私たちのクラブはどんどん結束を固め自由な活動が始まりました。

気の合う友人が集まって、楽しいと感じられることをする社会人サークル的なクラブです。メンバーは10年以上の活動の中で、結婚、出産など人生の節目を迎えました。どんなに忙しくても、クラブの例会やボランティア活動のある日は家族などの協力を得て、お互いに助け合いながら、補い合いながら参加しています。私たちは主婦であり母でありながら仕事を持つ社会人です。女性の社会進出は進んでいますが、家庭の家事や子育ては主に女性がするものです。忙しい生活の中で私たちのような女性だけの社会人サークルはとても珍しく、ある意味で引っ張りだこです。行政や、地域の他のボランティア団体などと共同で街作りのイベントなどの協力要請がたくさんきます。もちろん報酬はないですけれど、多くの仲間や、この団体にいなければ絶対経験できなかったような体験もしてこられました。ひとえにクラブ内の仲のよさからだと思っています。お互いがお互いのことを認め合って尊敬していること、友人というもののは少し違う感覚です。男性が主の他団体の方によくきかれるのが、女性ばかりでけんかとか、派閥はないのかということですが、本当にないのです。よく女性アイドルグループが同じような質問を受けて、ありません、仲がよいですと答えていますが、同じ目的に向かって協力しあっているのだから、最初はお互い好きじゃなくても、気がつけば信頼できる仲間に変わっていたということもあると思います。

私たちはこれからも女性だけの社会人サークルとして、お互いの友情を清く正しく守りながら、飲み会や地域のボランティア活動を通してますます充実したサークル活動をして行きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です